« 9人制バレーの反省 | トップページ | 市内大会 »

『ヴァルキリープロファイル レナス』制覇

こんにちわ。

今日は先日クリアしました
『ヴァルキリープロファイル レナス』のゲーム感想です。

ノーマルエンディングしか見てませんけど。。。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

グラフィック3
PSPにしては頑張った方なのかなと。
アニメーションに関しては文句なしですが、
各キャラの顔のタッチはあまり好きじゃなかったな。

音楽3
うぅ~ん、良くも悪くもって感じですかね。
特に印象に残るようなBGMはなかったが、
戦闘BGMはなかなか良い感じだったように思える。

操作性2
どちらかと言えば操作性は悪っかたのかなと。

・特に装備変更などでキャラを変更させる場合、
カーソルをキャラクターに合わせないといけない。
(L・Rボタンでキャラを変えることが出来ない)

たまにボタンの反応が遅い時がある。
(特にジャンプの時)

システム面2
ワシ的にはほぼ1点に近い2点です。
バトルシステムは独特で面白かったものの
それ以外が不便すぎて途中でつまらなくなってきた。

以下、悪かった点↓

・道具の並び替えが出来ないのは致命的。
(もしかしたらやり方があったのかもしれない)

・装備変更などはパーティにいるメンバーしか出来ない。

・武器の壊れる音がわかりづらいと共に、
武器がぶっ壊れる度にスキルを付け直すのがめんどい。

・せめて神界転送の勇者適正値とかはメニュー画面で
見せてくれてもいいじゃないか・・・。
(わざわざとあるダンジョンへ行って聞くのが面倒でした。)

まぁ まだまだ細かい点を挙げればきりがないけど
とりあえず大まかな点を挙げるとはこんな感じです。

やり込み度4
人それぞれですけどやり込み度はかなり高いほうかと。
エンディングだけでも3種類あるし、
パーティキャラはたくさんいるので
何周もしたい人はいろいろな組み合わせでやるのもOK。
ワシはプレイしなかったけど裏ダンジョン等もあるので
やり込める要素はたくさんある。

はまり度3
これも人それぞれなんだけど、
システム面でも書いた通り内容自体は悪くないが、
ゲームシステムがあまりにも悪かったので
中盤以降は作業みたいなノリでプレイしました。

難易度3
EASY~HARDの3種類から選べるので
初心者の方にも簡単にプレイできるのかなと。
(ワシはNORMALでプレイしました)
難易度によっては出てくるダンジョンやキャラが違うし、
もらえる経験値も違うので
やり込む人にとっても十分楽しめるものかなと思います。
ただし、初プレイでGOODエンディングを見るには
かなり難易度が高いです。

ストーリー性3
プレイしていて何が何だったのかいまいち
ストーリーが把握しにくかった。
基本的には「死んだ人間を鍛えて神界へ送り活躍させる」
という流れだったはず???
結局ストーリーらしきストーリーってあったのかな?
(GOODエンディングを見ていないからかもしれませんが)

キャラ4
登場キャラはかなりの人数がいて、
また各々それなりのストーリーがあったのは良かったです。
まぁ 「なんで死んだの?」とか「あれ、話し終わり!?」
といった一部納得できないまま仲間になるやつもいますが、
それはそれでということで・・・。
キャラの人数が多くいろいろな組み合わせで
何周もプレイ出来るのは
やはりこのゲームの大きな魅力の一つかなと思います。

満足感4
なんだかんだ言ってますけど面白い部類に入る
ゲームであることは確かです。
ワシは中古で2280円で買いましたが
それなりに満足しています。
一度はプレイしてみることをおススメしたいと思います。

合計点31

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

簡単に言ってしまえば人を選ぶゲームですね。
ペルソナしかりテイルズシリーズしかり。。。

まぁ やるゲームが無くちょっと時間つぶしにと言う方は
一度プレイしてみてもいいかもしれないですね。
つまらなかったらプレイしなければいい話しですし。

ワシはこういうゲームスタイルもあるんだっていう
新しい発見があったので、
ゲーム内容自体は大して満足していないものの
プレイした事自体については満足感は高かったです。

以上、『ヴァルキリープロファイル レナス』の
プレイ感想でした。

せっかくなのでチェックをお願いします☆
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 9人制バレーの反省 | トップページ | 市内大会 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヴァルキリープロファイル レナス』制覇:

« 9人制バレーの反省 | トップページ | 市内大会 »