« ちょいとしたつぶやき[140] | トップページ | ちょいとしたつぶやき[141] »

エンジニア備忘録[7]

こんにちわ。

先週は現地作業やら資料作成やらで
非常に忙しかった。

というわけで先週はCatalystにおける
MACアドレスの割り当てについていろいろ検索していた。

VLANに割り当てられたMACアドレスは
機器が再起動することで再割り当てされるらしい。

つまり・・・

VLAN1=.1111
VLAN2=.1112
VLAN3=.1113
VLAN4=.1114
VLAN5=.1115

というのがあるとしてまずVLAN3を削除したとする。

VLAN1=.1111
VLAN2=.1112
VLAN3=.1113
VLAN4=.1114
VLAN5=.1115

Vlan自体は削除されるものの
MACアドレスは設定として保持されている状態らしい。

んで、再起動すると下みたいな感じになる。

VLAN1=.1111
VLAN2=.1112
VLAN4=.1113
VLAN5=.1114

なんとVLANが若い順に割り当てられてしまうようだ。

恐るべしCatalyst・・・。

せっかくなのでチェックをお願いします☆
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« ちょいとしたつぶやき[140] | トップページ | ちょいとしたつぶやき[141] »

エンジニア備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジニア備忘録[7]:

« ちょいとしたつぶやき[140] | トップページ | ちょいとしたつぶやき[141] »