« CCNP試験改定 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[239] »

エンジニア備忘録[38]

こんにちわ。

スイッチの容量についてメモ。

先日、とあるお客様より
「今稼動しているCatalystの最大帯域ってどのくらい?」
という問い合わせがあった。

そもそも機器自体の最大帯域ってなんすか?
今使っているポートの最大帯域ではなくて?

そんな?マークが頭に浮かびまくったので
まずはグーグル先生で調べてみる。

すると・・・

「スイッチングファブリック」「バックブレーン容量」とか
いろいろな言葉が出てきた。

んで、ざざざーっと調べた結果・・・

「スイッチング容量とは
スイッチが1秒間に処理するデータ量である」

探し求めていた回答があったではないか!

つーことでCatalystの型名と合わせて検索すると
情報が出てきました。

これでまたひとつ利口になりましたわ。

とりあえず参考にしたサイトをまとめておきます。
(勝手にURL載せてスミマセン)

http://www.itbook.info/study/p24.html

http://www.n-study.com/network/switch_seinou.htm

http://jehupc.exblog.jp/13267343/

せっかくなのでチェックをお願いします☆
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« CCNP試験改定 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[239] »

エンジニア備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジニア備忘録[38]:

« CCNP試験改定 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[239] »