« アクセス解析2014年10月分-3 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[247] »

エンジニア備忘録[41]

こんにちわ。

スパツリのVLAN削除のやり方メモ。

たとえばこんな設定があるとします。
スパツリを動かすVLANはプライオリティ値を
デフォルト値の32768から4096へ変更している。

L3SW#sh run

    ・
    ・
    ・

no spanning-tree vlan 10,20,30,40,50
spanning-tree vlan 60,70,80,90 priority 4096

そして、 VLAN 90はもう使用しなくなったので
VLANインターフェースとスパツリの設定を削除するとします。

L3SW(config)#no spanning-tree vlan 90

で、設定がなくなっているか「sh run」で確認してみると・・・

L3SW#sh run

    ・
    ・
    ・

no spanning-tree vlan 10,20,30,40,50,90
spanning-tree vlan 60,70,80 priority 4096

VLAN90のスパツリ機能は働かないものの
ログ上に残っている状態。
確かにこれでも問題はないが使用していないVLANが
ログにあるのもなんか気持ち悪い。

ということで下記設定で試してみることに・・・

L3SW(config)#spanning-tree vlan 90

するとどうでしょう

L3SW#sh run

    ・
    ・
    ・

no spanning-tree vlan 10,20,30,40,50
spanning-tree vlan 60,70,80 priority 4096

問題なく消えています。

VLAN90のプライオリティがデフォルト値の32768になったため
表示されなくなったという表現が正しいですかね。

とあるネットワークにて冗長化している機器の片側だけ
こんな感じの状態になっていたので、
ちょっといろいろ調べたら1つ利口になりました。

せっかくなのでチェックをお願いします☆
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« アクセス解析2014年10月分-3 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[247] »

エンジニア備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジニア備忘録[41]:

« アクセス解析2014年10月分-3 | トップページ | ちょいとしたつぶやき[247] »